相続税専門久屋大通駅徒歩2分の税理士事務所です

相続税は民法、相続財産の土地評価には建築基準法・農地法等が関係していて税金のなかでも特殊です。所得税や消費税に比べて圧倒的に申告者数が少ないため、数年に一度しか相続税の申告に関わらない税理士もいます。

相続税について経験不足の税理士が多数を占めているのが実情です。簿記や会計、所得税や法人税に詳しい税理士が、相続税に詳しいとは限りません。

相続税は他の税金に比べて納税額が多額になりますから、どの税理士に依頼するかで結果は大きく変わります。医者にも外科、内科、整形外科等の専門があるように税理士にも得意分野があります。当事務所は、土地評価・税務調査・申告審理などの相続税の実務経験が豊富な国税OB税理士が相続税に特化した「相続税専門の税理士事務所」です。常に節税と適正申告を考えています。

相続税の基礎控除額が減額され、申告の必要な人の課税割合が増加しました。それとともに「相続税専門」の広告をする税理士事務所も増加しました。しかし「相続税専門」と広告していても、通常の個人・法人の記帳業務のかたわらに「飛び込み業務」として「相続税」を扱っている事務所もあります。

「相続税専門」と付けると「相続税に精通した専門家」としてのイメージを感じて、税理士を探している納税者の目を引きます。しかし、本当の「専門家」かどうかは、いろいろ質問をしてみるとすぐに分ります。

税理士報酬の安さを大きく広告している事務所がありますが、報酬が安くても支払う相続税が安くなるとは限りません。また、誤認されやすい報酬規程の広告をしている事務所もあります。

相続税に不慣れな税理士に依頼した場合、経験不足から過大な土地評価をして、納税額が過大になりがちです。税理士報酬の金額だけにとらわれて税理士選びをすると、「税理士報酬は安かったが、納税額は予定よりずっと高かった」と後悔することになりかねません。「税理士報酬」だけではなく、「税理士報酬 + 相続税額」合計額でお考えください。

当事務所は、「わかりやすい税理士報酬規定」の「適正報酬額」で、対応しています。

初めての相続でもご安心ください。親身に対応させていただきます。
会社員等の忙しい方にも御利用いただけるよう、平日5時以降、日曜日、祝祭日も対応いたしております。

  • 相続税申告
    申告書作成、土地等の財産評価、
    遺産分割のアドバイス(相続後にできる節税対策)
  • 相続対策
    将来の相続税の節税の実行援助、
    円滑な財産承継と納税資金確保のための対策
    遺言書の作成サポート(遺留分計算ほか)
  • 生前贈与
    贈与税の申告書作成、土地等の財産評価、何をどう贈与すべきか
  • 不動産譲渡
    譲渡所得の申告書作成、譲渡、買い換え、交換、収用代替

相続税の申告で、土地の評価は大きなウエイトを占めています。
土地の評価をどのように行うかで相続税の税額は大きく変わります。
評価は財産評価基本通達で行いますが、
土地には一つ一つに個性があり通達で対応できないこともあります。
特殊な土地については土地評価の専門家のサポートも必要です。
当事務所は不動産鑑定士事務所と提携しております。
また、相続登記等をご希望の方には、提携する司法書士事務所をご紹介しております。

ワンコイン相談会(事前予約制) お気軽にご相談ください

ワンコイン(500円)で、相続税に関する相談をいたしております。
相談時間は1時間です。初回相談に限りワンコイン相談会がご利用できます。
ご相談は電話相談ではなく、面接相談で対応させていただきます。
相続税に関する「ご心配」「お悩み」、、、、お気軽にご相談ください。
本当に500円ですから、ご安心ください。

〇予約は、電話、または「お問い合わせ」からお願いいたします。

こんなお悩みありませんか?ご相談ください

相続発生前

  • 相続税がいくらかかるのか知りたい
  • 土地の評価がよくわからない
  • 生前に節税対策したい
  • 遺産分割でもめないようにしたい
  • 遺言書を書いておきたいが、相続税にどう反映するの
  • 顧問税理士が相続税にくわしくないみたいで不安である

相続発生後

  • 相続発生後にできる節税について知りたい
  • いろいろな特例を使って節税したい
  • 税務調査にならないように、適正に申告したい
  • 二次相続も考えてトータルで節税したい
  • 土地評価が複雑でわからない
  • この財産、相続財産になるのか、ならないの

当事務所の「目標」

「相続税の節税」と「円満な相続」

相続税は、税理士によって結果に差がでます。本当の話です。
申告や節税対策は、税理士選びが結果を大きく左右します。

サービス業として、お客様本位に努めています。

国税での実務経験を活かして「相続税の節税」と「円満な相続」に努めます。

多額になる相続税を一人の税理士に任せていいのでしょうか。
顧問税理士の判断、選択が、的確とは限りません。

当事務所の特徴

相続税のこと、分かりやすくご説明します。

中日新聞の取材を受けました。
2018.7.12朝刊の関連記事を掲載させていただきます。

当事務所について

ブログ

国税庁

国税不服裁判所