相続税専門久屋大通駅徒歩2分の税理士事務所です

はじめに

ホームページにお越しくださいまして、誠にありがとうございます。税理士の荒井伸也です。
平成26年中に亡くなられた方は約127万人。このうち相続税の課税対象になられた人数は5万6千人で、課税割合は4.4%でした。平成25年より増加しています。
平成27年1月1日から相続税の基礎控除がさがりました。それまで「5000万円 + 相続人1人当り1000万円」だった基礎控除が、「3000万円 + 相続人1人当たり600万円」に圧縮されました。課税割合はかなり増加するとみられています。

ファミリー

今までは限られた一部富裕層の税金だった相続税が、グンと身近な税金になりました。
市街地に自宅を所有していてある程度の金融資産をお持ちなら、相続税に無関係ではいられません。
たとえば、4人家族で父親が死亡した場合、平成26年12月31日までの相続なら基礎控除は8000万円でしたが、平成27年からは、基礎控除は4800万円になりました。今まで我が家に相続税は無関係と考えていた方々にも、相続税がかかってくる可能性が大きくなりました。また幸い基礎控除以下で相続税がかからなくても、遺産分割には苦労がつきものです。
ある記事によると家庭裁判所で争われている遺産分割事件のうちの70%は遺産価格が5000万円以下とのことです。つまり相続税のかからない少額の相続の方が遺産争いの割合は高いのです。
つまり、サラリーマン家庭でも何らかの相続対策が必要ということです。
税法は広範囲にわたり複雑で毎年改正があります。そのため、税理士にもおのずと得意分野、不得意分野ができます。すべての税法に精通した税理士はいません。
また税額も多額になることから、よく考えて申告に臨みたいものです。

相続税専門の税理士にお任せ下さい。
荒井伸也税理士事務所は、相続税専門の事務所です。
相続でお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

当事務所の特徴

実務経験豊富 相続税の専門事務所 相続税の見直し(還付請求) 税理士報酬を開示、安心の金額(低料金) 事務所の立地の良さ(立ち寄りやすい土地)

相続税のこと、分かりやすくご説明します。

当事務所について

ブログ